セラピストの職業

最近のセラピーの流行はヒーリングとスピリチュアルです

セラピストは、お客様の「何」を扱うのかによって主に3種類に分けられます。 マッサージのような、肉体的な悩みを施術で癒すリラクゼーションを扱うセラピストが1つです。 次に、精神疾患など、心の問題をともに克服していくパートナーとしてのセラピストが1つです。 さらに、スピリチュアルのような”気の流れ”からその人の人生を占い、アドバイスを送る セラピストが1つとなります。 つまり、お客様の「身体」か「心」か「漠然と、人生そのもの」かに分けられます。 このうち、最近の流行になっているのは”当たりすぎて怖い”などのキャッチフレーズで有名な 最後に挙げたタイプのセラピストです。 この急速的な人気上昇のため、求人情報で顔を出すこともあります。

セラピーを受けるまでの流れには段階があります

現在トレンド的な存在になっているスピリチュアル系の施術を受けるにあたって、 その流れはお客様側とセラピスト側の段階に分けることができます。 お客様側としては、まず自分が人生の何を占ってほしいのか、もしくは 何に悩んでいるのかなど、人生などの問題点を明示する必要があります。 これによって、施術する専門の者が異なり、求人の内容も変わってくるからです。 さらにいうと、たとえ同じサロンなどのセラピー空間であっても、お客様の抱える問題のパターン の数だけ異なる求人募集をかけることとなります。 セラピスト側の対応としては、お客様の基本的な情報からその人の人生の俯瞰をすることで、 お客様が本当に人生で満たされていない問題点を調べ上げることとなります。 そして、その問題点が「恋愛」や「仕事」など、どこにあるかで専門の担当者を選択します。 この選択肢の数だけ、求人自体は多くなるといってよいでしょう。 最終的に2者の間で合意的なマッチングが行われ、そこでサービスの提供が発生する流れになります。